HOME >  リフォーム工事の種類 >  長く快適な住まいへ

長く快適な住まいへ

耐震やオール電化、バリアフリーなどのリフォームについてその特徴を紹介しています。

大切な家を長持ちさせるリフォーム

日本は地震大国。ですから、昔の家はいくら壊れてもいいように木で造られ、平家が多かったという話しを聞きます。

しかし、今は昔とは違います。家を建て直すにもお金がかかりすぎる。必死に働いて、やっと建てた家を地震なんかでそう簡単にで崩されたのではたまったものじゃありません。長く丈夫に、自分が死ぬまで大切にしたいというのが心情です。

なので、ここでは、せっかく建てた家、或いは代々引き継いだ家をできるだけ長持ちさせる方法と、最近のリフォームの流行を紹介します。

耐震リフォームの手順と方法

耐震リフォームをするにあたっては、以下の手順や方法があります。

【耐震リフォームの手順】

  1. 自分で調べる…国土交通省監修の「我が家の耐震診断のポイント」というものがあるので、こちらを参考にご自宅の耐震診断をしてください。
  2. 専門家による診断…1.が難しいようならば、専門家(耐震プランナー・耐震評価士)に依頼するのが良いでしょう。内容としては、一般診断(図面診断/目視診断/非破壊診断)と精密診断(一部破壊診断)を行ってくれます。
  3. 計画を立てる…1.もしくは2.を基に、工事期間や費用、補強箇所などの計画を立てます。
  4. 工事開始…3.を基に工事を開始します。また、各自治体によっては助成金や所得税の減税対象にもなりますので、ご確認を忘れずに。

【施工の方法】

住宅の構成、木造か鉄筋かによって補強部分が異なります。

木造の場合ですと、「壁」「床」「接合部」に重点を置き、それぞれの工法で補強します。補強することで、壁は横からの力から建物を守り、床は地震などの揺れを壁に分散、接合部は壁や床の機能を支えるといった役割を持っています。

鉄筋の場合は、木造に比べて全体的に頑丈なのですが、1981年以前に建築された住宅には注意が必要です。「改正建築基準法」に満たされていない基準で建てられていますから、工量の不足など耐震性能が劣っている場合があります。

鉄筋住宅の耐震リフォームは、図面診断(図面上で耐震性能を見る)や目視、一部破壊による診断から建材の劣化を確認し、部品を交換するのが良いでしょう。

オール電化とバリアフリーで快適に

耐震や補強のほかにも、住む人に合わせて使い勝手の良い環境にすることも大切です。

例えばバリアフリー

高齢になるにつれて、或いは親との2世帯で暮らすようになると、階段やお風呂場、トイレなどのいたるところに手すりが必要になりますし、玄関先の段差をなくしたり、転倒防止のためにお風呂場も滑りにくい素材を使用したり、浴室暖房を設置したりとたくさんあります。せっかく建てた家の中で怪我をするのは避けたいもの。必要とあらば早速手配をしましょう。

オール電化は、最近テレビでもよく見かけますが、こちらは一言でいえば、家にある熱源(ガスなど)を全て電力でまかなうというものです。工事も、今使用しているガス管を取り外してそのまま配線をする方法が取られていますので簡単です。(新しい機能を取り付ける場合は別ですが)

組み合わせとしては、屋根に太陽光パネルを取り付け、そこから住宅の電力をまかなうという形が多く見られます。電力が住宅でまかなえ、電気代が節約できるので経済的です。しかも、最近ではその電力を電気会社に売ることも可能になってきています。

誰もが大切な住宅は使いやすく、そして長く快適に維持したいと思うはず。ここでご紹介したことを参考に、是非検討してみてはいかがでしょう。

おススメ業者ランキング