HOME >  知っておきたいリフォーム知識 >  有害物質への対策

有害物質への対策

住宅のリフォーム後や新築の家を建てる前に注意したいのが「シックハウス症候群」です。そして、その症状を引き起こす家が、総じて「シックハウス」と呼ばれています。

シックハウス症候群には自衛が重要

現在、明確にその定義はなされていませんが、有力な説としては住宅建材からの室内に発生する揮発性化学物質、アレルゲン(ダニなど)が体調不良、もしくは健康障害を引き起こすといわれています。

症状としては、

  • 頭痛
  • 鼻炎・喉の不快感
  • 皮膚炎
  • めまい

などが起きているのですが、先述したようにシックハウス症候群は明確に定義されていないので、この症状のメカニズム、人体と住宅建材との関連性が解明されておらず、医療機関の対応なども整っていません。シックハウスにならないためには、自分での防衛が必要になってきます。

リフォームや新築の家を建てる際は、「建材は何を使用しているのか」、「有害物質は使用していないか」などの注意と確認が必要です。

こんな有害化学物質に注意

シックハウス症候群に似た症状として、有害化学物質への反応があります。原因としては、家中に設置してあるもの、例えば断熱材、畳、家具類などに使用されている化学物質や化粧品や洗剤に使用されている微量なモノにまで過剰に反応を起こすことが挙げられます。

これもリフォームや新築後に突然発症したという例が多数報告されており、せっかく建てたのに、その家に住めなくなってしまうというケースもあるそうです。

この場合もやはり自衛が必要になってきますので、よく調べておきましょう。

以下に、気をつけたい建材と、そこから発生する有害物質についてまとめました。対策の参考にしていただければ幸いです。

【注意すべき建材】

  • 断熱材…ホルムアルデヒド
  • 接着剤…トルエン、ホルムアルデヒド、キシレン
  • 家具類…ホルムアルデヒド
  • 木製複合フローリング…ホルムアルデヒド
  • たたみ…・有機リン系殺虫剤

【注意すべき有害物質】

  • ホルムアルデヒド…呼吸器障害、発ガン、鼻、咽頭の刺激など
  • キシレン…吐き気、咽喉・目の不快感など
  • トルエン…吐き気、知覚障害など
  • 有機リン系殺虫剤…交感神経や副交感神経などの神経障害など