追加工事

追加工事は、リフォーム中に何らかの問題点が新たに見つかった場合や、施主が新たにリフォーム箇所を追加するなどの希望を出す場合などに発生する工程です。

もしも追加工事が発生してしまった場合、まず注意するべきことは「本当に必要な工事なのか」ということです。業者側が追加工事を申し出た場合、本当に必要な工事なのかをしっかりと確認しておきましょう。

多くの場合、追加工事はリフォーム工事を一通り行った後に発生します。事前に業者から追加工事が必要になると伝えられていれば問題はありませんが、説明なしに後から追加工事をプラスされた場合には、見積もりが甘かった可能性、もしくは業者との打ち合わせに何らかの見落としが生じている可能性もあります。

リフォーム工事においては、業者によってサービスでやってくれるものと、そうでないものがあります。一つ一つの作業にきちんと料金を取る業者もあれば、サービスで一部無料にしてくれる業者もあります。

これは工事に着手する前に確認しておくべきポイントで、何にどれだけの料金がかかるか、また追加工事が発生する可能性なども含めて忘れずにチェックしておきましょう。

 

追加工事が必要なケースもある

住宅のリフォームでは、現地調査だけでは分からない部分も数多くあります。実際に工事に入ってみて、壁も古くなっている、床も破損している・・・といった気づきが重なり、追加工事がいくつか必要になるケースもあります。こうなると、はじめの見積もりとは費用が大きく異なるため、随時業者から説明や報告を受けて追加工事を決定していく必要があります。

追加工事はサービスで無料にしてもらえることもありますが、料金が加算されるとなると施主にとっては頭の痛い問題となります。思った以上に大規模なリフォームになってしまうと、予想していた金額以上のものがかかってしまい、工事に時間もお金もかけることになります。

しかし、必要な箇所にベストなタイミングでリフォームを施すということは、後々のトラブルを防ぐ大きな意義があります。多少費用がかかっても、床や壁の腐食を直しておけば、気持ち良く住空間を使い続けることができます。

追加工事をせずに放置しておいたために、後から全て壊さなければならなくなるケースも考えられますので、費用だけで追加工事を渋るのは考えものです。

反対に、施主が後から追加工事を希望するケースもありますが、この場合は現場の職人や業者とよく話し合って、工事が可能かどうか判断することが大切です。